新着情報

学校再開に向けて、今からやっておきたい3つの準備

新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除された県では、休校期間を前倒しして再開する学校もあるようです。そんなニュースを耳にして、塾生達が通う東京都や神奈川県の小中学校も6月から授業が再開するのではないか、と生徒達と一緒に大きな期待を膨らませています。

今日は5月18日の月曜日。いよいよ5月も残り2週間を切りました。学校の再開日はまだ決まっていませんが、そろそろ準備を始めましょう!

今回は、「学校再開に向けて今からやっておきたい準備」を3つご紹介します。

(1) オンライン自習室を利用して、頭に朝型に切り換える

小中学校では朝9時から授業が始まります。その予行練習になればという思いで、多摩ロベルトではオンライン自習室を先月から毎朝開催しています。

学校再開の準備のために、連日、多くの生徒達が朝のオンライン自習室を利用しています。多い日は50名以上、少なくても40名以上の塾生達が朝9時から11時まで一心不乱に自習に励んでいます。生活にリズムを持たせるために、そして何よりも頭を朝型に切り換えておくためにです。

 

(2) 6時限目に備えて、集中力と根気を取り戻す

小学生は一日に多い時は6時限目まで、中学生は7時限目まで授業があったのを覚えていますか? 数ヶ月前までは当たり前の事でしたが、休校が2ヶ月以上も続いた今、6時限目や7時限目まで集中力や根気が保つのかが非常に心配です。

そういった場合は朝に自宅学習やオンライン自習室で2時間、午後からは小学生は4時間、中学生は5時間の勉強時間を設け、長時間、机に向かう事から始めましょう。数ヶ月前までは出来ていたのですから、集中力も根気も1週間ほどで取り戻せるはずです。

 

(3) 部活再開も視野に、中身の濃い勉強法を身に付けておく

部活動が再開すると、勉強時間がいやが上にも減るのは明らかです。学生が目指すべきは文武両道ですから、部活動が始まった時の事も想定してメリハリのある勉強法や学習姿勢を身に付けておきましょう。

そのためにも、ダラダラと勉強をするのではなく、できるだけ短い時間で課題を終えるよう心掛け、中身の濃い勉強法を身に付けておくべきです。「部活や習い事が忙しいから勉強できない」という理由(それとも、言い訳?)も、この機会に卒業できるかもしれませんね。

 

いかがでしょうか? これらを参考に、学校再開に向けて心と頭の準備運動を始めましょう。塾生達の小中学校が始まるまで、勿論、朝のオンライン自習室に私も付き合います。さぁ、みんで一緒にこのコロナ禍を乗り切りましょう!

 

《「朝活!オンライン自習室」について》
下のリンクから参加できます。在塾生・卒業生・体験生およびに関係者の弟妹であれば利用できます。費用は頂いていませんので、お気軽にご参加ください。
 ・《午前の部》 月曜日〜土曜日 9:00 – 11:00

不正ログイン防止のため、これらの2つを必ず守ってください。
(1) 表示名は「学年・氏名」に変更してください。(例)中1山田花子
(2) 自習の様子をが分かるようにカメラはオンにしてください。